2004年5月25日、心臓停止から始まった母の回復日記


by wahaha05

1年になる

京都駅近くの武田病院から今の城北病院に移って
1年になる。何とか無事に今年のお盆も過ごせそうだ。

病院で一番仲良しの福丸さんは、母より5歳ほど若いが
パーキンソン、脳梗塞がありどちらも進行している。
それでも2,3週間前に比べて流動食も何とかこなせる
ようになった。

いつものやさしい付き添いさんと違う声なので、食事の
合間に見に行く。車イスに座って食事もあらかた終わった
ようだ。何だかしんどくて堪らない風。
今日の付き添いさんが5時から車イスです。と言う。
もう寝せてあげないと、座ってるだけでしんどいよ。
食事もこれだけ食べたら80点やわ。と言うとそうですか。
と顔を拭いてあげようとするので、寝てから拭いてあげよう。

福丸さんは、私に何度も「ありがとう」と言うが、分からない
付き添いさんは自分のペースで進めるので病人は
大変だ。
[PR]
by wahaha05 | 2005-08-16 11:00