2004年5月25日、心臓停止から始まった母の回復日記


by wahaha05

母を偲んで(2005年12月31日)

11月2日、いつも通り6時ごろに病院に行った。

「血の流れが悪くなって足に血のコブができている。
ここでは手術できないし京都駅の武田病院でしか
できない。成功の可能性は、と聞いてもお医者さんは
黙っている。お母さんに聞いたら、しないと言った。
これでいいよね」と言う。

聞くなり、今の状態で手術なんてとんでもない。
車の危険性の方が高いよ。手術しても本人がしんどい
だけや。と即座に頭を振った。

「9月の時は血圧が低くなったけど今度は高い」

何となく嫌な気がした。

「もしもの時は人工呼吸器を付けますか、と聞かれたけれど、
付けません。と言った。これでいいよね」と妹が聞いた。

いいよ。しんどいだけやから。と答えた。
[PR]
by wahaha05 | 2005-12-31 20:58