2004年5月25日、心臓停止から始まった母の回復日記


by wahaha05

立つよ

病院に着くと気持ちよく寝ていたが
6時半ごろに目が覚め、車イスに移動する。

今日もえらく威勢がよく、お隣の飯山さんに
しきりに話かける。「絶対に。。。。」と絶対という
言葉が何回も出てくる。
私に向かっては、「黙って(聞きなさい)」と何か
威勢よく怒っている。

そのうち、しきりに体を起こして立とうとする。
飯山さんが、立たせてあげたら、と言うので
ベルトを外して支えて立たせた。
すごい労力が要るようだ。ほんの少し立っている
だけで「ふ~っ」というので、すぐに車イスに座る。
またすぐに立とうとする。1回目より2回目、2回目より
3回目がしっかりと立つ。

車イスで病室のだれかれなく見て回った。
この時もベルトを外し、足置きも外して、自分の手と
足で車イスを動かしていった。
私は前から車イスをゆっくりと動かす。

自分の意思で立ち、行動(5分)した1日だった。
[PR]
by wahaha05 | 2005-02-22 23:13